### ## ## ## ##

##

##

##

##

##

##

##

##

##

闘牛

作者名: 鳥海 青児

生没年: 1902-1972
作者略歴: 神奈川県平塚市に生まれる/本名,正夫/1920年美術学校を希望したが許されず,関西大学予科に入学(26年卒業)/1922年姓名判断により青児と改名/1924年第2回春陽会展で初入選(28年春陽会賞)/1925年三岸好太郎らと交友,彼らの麓人社展に出品/1930年渡欧,パリを皮切りに各地を巡る/1932年モロッコ,スペイン訪問/1933年帰国,同年第11回春陽会展に滞欧作23点出品,会員/1943年春陽会退会,独立美術協会会員/1956年第6回芸術選奨文部大臣賞/1958年第3回現代日本美術展で「武装した馬(ピカドール)」が最優秀賞/1959年第10回毎日美術賞/1972年東京虎ノ門病院で死去

制作年: 1932
材質・技法: 油彩・麻布・額装
大きさ(cm): 97×181

    寄贈者名:
    管理番号: O-190