### ## ## ## ##

##

##

##

##

##

##

##

##

##

ストックホルム

作者名: 児島 虎次郎

生没年: 1881-1929
作者略歴: 岡山県川上郡成羽町に生まれる/1901年上京,同郷の実業家大原孫三郎を知る/1902年東京美術学校西洋画科選科入学(04年研究科進学)/1907年東京府勧業博覧会で1等賞,宮内省買上げ/1908年大原の出資で渡仏翌年ベルギー,ガン市立美術芋校に入学し,エミール・クラウスらに学ぶ/1912年同校を首席で卒業,帰国/1913年サロン・ナシオナル(国民美術協会)準会員(20年正会員)/1919年再渡仏,翌年「朝鮮夫人」仏政府買上げ(21年帰国)/1922年大原の美術品収集のため再渡欧翌年帰国/1926年第7回帝展推薦出品(27年審査員),また聖徳太子奉讃美術展に出品/1928年仏政府より叙勲/1929年岡山医科大学病院で死去

制作年: 1922
材質・技法: 油彩・麻布・額装
大きさ(cm): 57.5×67.5

    寄贈者名:
    管理番号: O-209